志學舎 四谷大塚NET 加盟塾

menu

「そだねー」(教務部)

 

今年の冬期オリンピックで一躍脚光を浴びたカーリング女子チーム。そして日本中の話題となった「そだねー」。これを聞いたとき、相手の意見・考えを認めるいい言葉だなと思いました。

 

子供を指導する先生、そして先生にとどまらず子供の教育、しつけにたずさわる親や周りの大人たち、まずは子供の言動や行動を「そだねー」と受け入れて(認めて)、それから正すところは正し(間違いは指摘し)、肯定するときは力一杯ほめてあげる。「そだねー」は教育・指導の基本かな、と思いました。

日々の授業に追われ、短い時間で毎回のカリキュラムを進めて(消化して)いかねばならない塾の先生たち、この「そだねー」の余裕を失っている。

「先生、平行四辺形の対角線は、中点で交わるんですよね?」「当たり前だ!」「先生、女性に参政権が認められる前は、男だけが投票していたんですよね?」「当たり前だ!」「先生、地球の天気は、西から変わっていくんですよね?」「当たり前だ!」

        ↑

某漫画の主人公がよく使ってるセリフ!

こんなふうに、力づくで授業を進めていたのが昔風の塾の先生。思えば反省することばかり。「そだねー」の一言が言える余裕があったら、どんなに勉強が楽しく進められたか。身に覚えのある塾の先生も多いのでは。

これを機会に、「そだねー授業」を進めたいと思いました。(昔風の先生)