志學舎 四谷大塚NET 加盟塾

menu

志學舎はアイデムカップを応援します。(広報)

  志學舎は、この度、大学生のフットサル全国大会「アイデムカップ2018」ファイナルのスポンサー企業となりました。アイデムカップは、2012年にスタートした大学生のフットサルの全国規模の大会で、今年は458チーム、3837名が参加。全国の予選を勝ち抜いた強豪8チームによって12月1日にエスフォルタアリーナ八王子において開かれた決勝大会を観戦してきました。(詳細は大会ホームページをご覧ください:https://www.a-stadium.com/aidemcup/final2018/)

フットサルを観戦したのは初めてでしたが、フィールドと観客席がとても近く、また、7分ハーフというコンパクトな時間設定もあってか、試合はスピードとパワーで迫力満点、全国を勝ち抜いてきただけあってどのチームもハイレベルで、見ていてとても面白く楽しめました。1チームの構成はフィールドプレーヤー4人とキーパー1人の計5人、選手交代は自由で、頻繁に選手が入れ替わります。サッカーのオフサイドルールがないので、カウンター攻撃で一気にゴール前の選手にパスが通ってゴール、といったシーンも。一方でゴールマウスが小さいこともあってか、キーパーによるファインセーブも度々見られました。
その第1試合、東北学院大学vs関西学院大学のマッチスポンサーということで試合前に撮った写真。ライトブルーの東北学院大学が試合序盤に先制得点を挙げ、その後両チームが1点ずつ加えて、試合は2対1で東北学院大学が勝利しました。

ちなみに、この東北学院大学チームは、参加8チームの中で最も選手数の少ない6人のチームであったにもかかわらず、その後の準決勝にも勝利。そして決勝戦では、常葉大学チームと白熱した戦いを繰り広げ、延長戦でも決着がつかず、PK戦の末、見事優勝を勝ち取りました。おめでとうございます!

今回参加したチームはどこもレベルが高く、好ゲームばかりでした。今日の全国大会決勝に至るまでには、選手たちの地道な努力の積み重ねがあったことは言うまでもありません。志望校合格に向けて日々学習している塾生の皆さんにも相通じるところがあるのではないでしょうか。志學舎ではこうしたスポーツ活動を今後も応援していきたいと考えています。(本部 岩田)