志學舎 四谷大塚NET 加盟塾

menu

受験科(3・4年生)

受験科《3年生》

準備を始める3年生

本格的な中学受験準備への移行期である3年生では、「算数」の四則計算を一通り学びます。
その身に付けた知識を少しずつ「活用」する力を養成していきます。
また、国語では、本格的な読解学習に取り組みます。文章を一緒に読みながら、読解の基本ルールを身につけることで、本物の「読解力」「記述力」が育ち始めます。定期的に実施する月例テストでは、お子様の弱点を発見、補強します。
5週間に1回のペースでそれまでの4週の学習を復習する総合回があります。総合回では、これまでの学習の復習を計るとともに、学習がどれだけ身についているかをはかるため、月例テストを実施します。(カリキュラム参照)

授業の科目と時間・開講時間

前期 2月~7月、後期 9月~翌年1 月 ※ 講習は必須参加、案内は別途。
週1回2 教科、算数(75 分/週)・国語(60 分/週)
月例テスト(算国) 総合回の土曜日に実施(前期と後期に各4 回)
父母教室 各月の学習についてご説明します。(前期と後期に各3 回)

授業料(税込)

受験科《4年生》

中学受験の足場を作る4年生

将来の中学受験を意識した、本格的な助走期間となるのが、4年生です。小学校で学ぶ内容やレベルから、少しずつ離陸していきますが、特別な能力が必要なわけではありません。
「計画的に学習する習慣」「ノートの書き方、授業の受け方などの正しい学習姿勢」「読み書き・計算の基礎学力」さえ身につければ、5年生、6年生で大きく学力を伸ばす足場を固めたことになります。

「算数・国語」はもちろん、「理科・社会」の基礎学力を充実させます。

4教科入試を実施する中学校は年々増加しており、その場合には、理科・社会の出来が合否を大きく左右します。その理科と社会は専門科目でもあり子どもたちの好き嫌いが出やすい教科です。理科と社会を学ぶ上で一番大切なことは「好きになる・興味を持つ」ということ。私たちはそのきっかけ作りとして4年生の理科と社会を考えています。
そのためには、子どもたちの「興味の世界」を広げてあげることが大切ですが、理科・社会の基礎知識を身につけておかないと子どもたちの「興味の世界」は広がりません。 例えば、都道府県の名前を知っていてもその県がどこにあり、どのような特色があるのかを知らなければ、地図帳を開いてみてもあまり面白くありませんし、そこから先に新たな興味もわきません。
私たちはテキストだけではなくプリント類を豊富に取り入れながら、理科・社会の基礎的な学力の定着と興味を持つきっかけ作りを行っています。

四谷大塚NET月例テストに参加しています。

4年生の学力は「四谷大塚NET月例テスト」によって測定されます。「四谷大塚NET月例テスト」では、参加している数千人の4年生が1ヶ月の学習領域をどのくらい理解しているのかを総合的に判定します。また、お子様の各学習領域における到達度も詳細に判定されますのでテスト後の反復学習もより効果的に行えます。

授業の科目と時間・開講時間

開講期間2月~7月、9月~翌年1 月
※ 講習は必須参加、案内は別途。
週2 回 算数・国語・理科・社会
算数50 分×2 回/週・国語50 分×2 回/週
理科30 分×1 回/週・社会30 分×1 回/週
月例テスト(算国) 総合回の土曜日に実施(前期と後期に各4 回)
保護者会 総合回の週末に実施(前期と後期に各3 回)

授業料(税込)