志學舎 四谷大塚NET 加盟塾

menu

定期考査対策

定期考査対策とは?

中学校の定期考査が行われる前の土曜・日曜・祭日を利用して、各中学校の試験範囲に見合った対策を行うものです。というのも各中学校の学習進度が異なり、試験範囲が違ってくるため、より綿密な対策を施し、定期考査の得点に結びつけたいというのがねらいです。
さらには、まだ学習の姿勢が確立しておらず、定期考査の準備の仕方等がよくわかっていない中1・中2に対しては、 定期考査準備のための意識づけと学習のアドバイスの意図もあります。

志學舎定期考査対策の
3つの特徴

生徒一人ひとりの個別対応

公立中学に通う生徒全員を対象に、英語・数学・国語・理科・社会の5教科の対策を行います。 この対策授業では生徒一人ひとりの準備の進度を確認するため、指導教科と内容は個別対応となります。

塾独自の試験対策
教材で対応

対策で使用する教材は、学校教科書に準拠したワークブックもしくは塾独自の試験対策プリント集です。

授業日以外を費やして行う
徹底した対策

試験約1週間前の授業日以外の約半日を費やして対策を行っています。時間割は約2週間前に生徒に発表します。

各学期の節目節目で実施される定期考査では、その範囲が指定されます。その試験できちんと準備をし、高得点を取ることは結果的に学習の定着につながります。 平常授業とあわせてこの土曜・日曜・祭日を利用した定期考査対策授業で塾のアドバイスを受けながら、しっかりした準備をしていくことがとても大切です。