志學舎 四谷大塚NET 加盟塾

menu

新年あけましておめでとうございます。

一覧を見る 2019.01.01

新年あけましておめでとうございます

今年志學舎は47回目の新年を迎えています。設立当初より「地域に根差した指導」を旗印に、多摩地区の子供たちの学習指導、受験指導を続けてまいりました。そして今では、多くの卒塾生のお子様をお預かりするに至り、この地区の教育機関として皆様に支えられ活動できていることを、とてもうれしく、そして誇らしく感じています。皆様のご支持に心よりお礼申し上げます。

さあ、これから入試本番です。志學舎では今年、中学受験する小学6年生が54人、高校受験する中学3年生が219人、大学受験する高校3年生・高卒生が308人います。そして特筆すべきことは、大学受験をする生徒の多数が志學舎の小学部、中学部に在籍していたということです。

つまり、私たちが目指してきた地域の子供たちを応援して、小中高一貫指導で大学受験まで応援する体制が着実に形となってきている、ということです。

1月・2月・3月は、やはり塾の真価が問われる時期でもあります。多くの志學舎の受験生が、これまで培ってきた力を、入試の本番で普通に発揮してくれることをただ願っています。結果のほうは、チラシ広告、志學舎タイムズ、ホームページ等で逐一報告させていただきます。

今年、2月の小学部受験科、3月の中学部と小学部公立本科の新年度スタートから、新たな試みを始めます。

小学部受験科では、新小4と新小6中高一貫校対策コースの週例テストが始まります。「テストが力をつける」、これは経験した者は納得できる事実だと思います。四谷大塚のカリキュラムにきちんと対応して、週ごとのやるべきことを着実に消化し、定着させていきます。

中学部では、家庭学習をより充実させるために、IT教材を新中1・新中2で導入します。家庭学習と塾での学習をしっかり連動させ、より効率のいい学習を進めることによって、中学校の定期試験の準備をより万全にしていきたいと考えています。中1・中2の時に学校の定期試験で高得点をとる習慣を身につけておきたいものです。

また、小学校での英語とプログラミングの教科化にともない、そして学習の目的をはっきりさせるために各種検定試験の資格取得を応援するために、現公立本科を改変し、「小学生のためのチャレンジコース」と改名し、算数・国語・英語・プログラミングの4教科を選んで受講することができるようにしました。英語やプログラミングの新しい教科にチャレンジする小学生、英検・漢検・数検等の検定試験にチャレンジする小学生を応援していきたいと考えています。期待してください。

志學舎は幼児から小中学生、そして高校生の大学受験までを一貫して指導できる体制を整えています。学校よりもはるかに長く、子ども達の成長を見守ることができる、地域に根ざした教育機関として、日々の指導を通して、小さな成功体験を積ませること、目標を掲げ、それに向けてチャレンジする子ども達と一緒になって走ることが、私たちの大切な役割です。

私達は、学習の指導を通して、学力向上・志望校合格だけでなく、子ども達ひとりひとりの可能性と真摯に向き合い、粘り強く最後まで取り組むことができるよう全力でサポートします。

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成三十一年 元旦  塾長 積 道俊